まだまだある!フリーランス翻訳者の多すぎるメリットについて

まだまだある!フリーランス翻訳者の多すぎるメリットについて

前ページでは語りきれなかった、フリーランス翻訳者のメリットをさらに深掘りしてみようと思います。

これから紹介する内容は、まさに翻訳者としての醍醐味とも言えるものであり、働くのが楽しくなるようなメリットです!

森谷式翻訳術HP

翻訳で知見や教養が広がる

翻訳される内容は、基本的に翻訳されるだけの価値がある情報です。

翻訳者にわざわざお金を払って翻訳してもらうぐらいなので、価値があって当然ですよね。

仕事なので、翻訳者は必然的に内容に目を通すことになるのですが、中には読んでいて勉強になるものも多いです。

最近翻訳したものであれば、海外の教育制度とかですかねぇ。

知ってましたか?アメリカでは、成績が悪ければ小学校から留年するみたいですよ。

こういった感じで、今まで自分が全く知らなかったものに対して触れる機会が生まれ、いつの間にか知見や教養が身についています。

雑学や豆知識を集めるのが好きな人は、楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

文章力が向上して仕事の幅が広がる

翻訳業は物を書くのが仕事なんだから、元から文章力があって当然だろ、と思うかもしれませんね。

しかし残念ながら、そうではないのです。

これは優秀なバッターに対して、野球やってるんだから速い球を投げれて当然だろ、と言っているのと同じなんです。

確かに一般人に比べれば速い球を投げるでしょうが、その人の武器はバッティングなはずです。

何が言いたいのかというと、翻訳者でも文章力で売っている人は少なく、英語力やトランスクリエーションで勝負する人が多数派なのです。

そういった方々でも、仕事を継続するうちに、必要な文章力を鍛えられるというわけなんですね。

また文章力は、全ての仕事の基礎になるものです。

他の業種に言った時にも役立ちますし、磨き続ければライターとして活動の幅を広げることも可能になるでしょう。

最新の情報がキャッチできる

世界最先端の国ってどこだと思いますか?

おそらく多くの方が、アメリカを思い浮かべたのではないでしょうか。

その通り、今はアメリカが世界の技術を牽引していますね。(もうすぐ中国に抜かれそうですが…)

つまりアメリカが技術大国である以上、新しい情報・技術は常に英語でリリースされる可能性が高いということなんです。

アメリカで発表された情報を、日本でいち早く捉えるということは、かなりのアドバンテージだと思いませんか?

仮想通貨のブロックチェーン、米国株市場やGAFAの動向、世界先進国のワクチン接種事情など、知っていれば投資で稼げるチャンスは無数にありました。

これらのホットな話題について、日本語と同じ感覚でスラスラと読めてしまうのも翻訳者の強みですね。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る